佐世保と「美しき天然」
  佐世保と「美しき天然」  
     
 

(写真は、クリックすると、大きくなります)

 
     
 
展海峰展望台に設置された顕彰碑
 
指揮をする田中穂積
 
 
展海峰展望台に設置された顕彰碑
 
指揮をする田中穂積
 
         
 
展海峰から見る九十九島
 
展海峰から見る九十九島
 
 
展海峰から見る九十九島(朝)
 
展海峰から見る九十九島(夕)
 
         
 
 
     
 

佐世保女学校の教材として、田中穂積が作曲

 
 
 

 日本最初のワルツといわれる「美しき天然」(「天然の美」と称されることもあります)は、戦後の学制改革により廃校となった佐世保市立成徳高等女学校の前身であった佐世保女学校の教材として作られた曲です。

 作曲者は、佐世保海兵団軍楽隊軍楽長であった田中穂積、作詞者は、滝廉太郎の作曲した「花」 〜春のうららの 隅田川♪〜 の作詞もした武島羽衣です。

 
 村であった佐世保に一挙に市制が敷かれたのは1902年(明治35年)4月1日のことです。そのわずか12日後に、山北トミらが海軍将校子女への高等教育を考えた私立佐世保女学校を八幡町の民家に開設しました(その場所は佐世保市役所方面から佐世保北高正門に向かう通学路の左脇です。佐世保福祉会館別館の敷地内に「成徳高等女学校発祥地記念碑」が建てられています)。

 田中穂積は、現在の山口県岩国市の出身、1889年に佐世保海兵団の第3代軍楽長に着任。

 田中は、佐世保女学校が開設された後、音楽の嘱託教師を務めるようになり、女学生たちが愛唱するための歌を作ることを考えるようになりました。そして、烏帽子岳や弓張岳から望む九十九島の風景を愛していた田中は、1900年に発表されていた武島の詩を目にして、これに九十九島の風景に重ね合わせ、1902年に「美しき天然」を作曲したといわれています。

 田中の曲は女学生の間で愛唱されるようになっていきましたが、田中は1904年の大晦日に49歳で病死。その死の翌年の1905年10月に譜面が出版され、「美しき天然」は全国に広がっていきました。

 
     
   2005年11月、佐世保で生まれた「美しき天然」を佐世保市の歴史遺産にしたいと願う 成徳高等女学校同窓会などによって、美しき天然・田中穂積顕彰碑が、九十九島を望む展海峰展望台(佐世保市下船越町)に建立されました。  
 
         
 
 
     
 

「美しき天然」(YouTube動画)

 
         
 
 
     
 

村治佳織さん

 
 
村治佳織さんの「美しき天然」
村治佳織さんの「美しき天然」

村治佳織さんのギター独奏

 
   
   
   
   
 
 
         
 

フォレスタ

 
 
フォレスタの「美しき天然」
 
 

フォレスタの「美しき天然」

(混声合唱)

 
         
 
 
         
 

喜和貞子さん(きわ さだこ、1902〜1983)

 

諏訪根自子さん(すわ ねじこ、1920〜2012)

 
 
喜和貞子さんの「美はしき天然」
 
諏訪根自子さんの「美はしき天然」
 
 
喜和貞子さんの「美はしき天然」
 

諏訪根自子さんの「美はしき天然」

 
         
 

横浜生まれのオペラ歌手、ヨーロッパを中心に活躍

クレメンス・シュマルスティッヒ指揮、

ベルリン大サロン管弦団

参考図書:松永伍一「蝶は還らず」

(ウェッジ文庫・2008年)

 

ヴァイオリン独奏、

ピアノ伴奏 ナデイーネ・ロイヒンベルヒ

1935年4月23日録音、

日本コロンビアから [COCQ85013〜4]として

発売中の「諏訪根自子の芸術」に所収

 
     
     
 
 
     
 

お薦めCD : たいらいさおさんの「美しき天然」

 
     
 
たいらいさお「美しき天然」CD
 佐世保市出身のたいらいさおさん(NHK総合テレビ『おかあさんといっしょ』の3代目うたのおにいさん/佐世保観光ふるさと大使)が、「美しき天然」のCDをリリースされました(2012年6月27日発売開始)。

 カップリングされているのは、たいらさんご自身の作曲の「ありがとう さようなら」で、2曲ともカラオケ版もあります。

たいらいさお公式ウェブサイト・CD紹介のページ

 Amazon では、試聴も可能です

(右のチラシは、クリックすると、大きくなります)。

  たいらいさお公式ウェブサイト・TOPのページ

 
チラシ(クリックすれば、大きくなります)
 
         
 
 
     
 
除幕式のリーフレット
 
顕彰碑の碑文
 
 
除幕式のリーフレット
 
顕彰碑の碑文
 
         
 
鹿子前にある「美しき天然」の碑
 
烏帽子岳にある「美しき天然の碑」
 
 
鹿子前町にある「美しき天然」の碑
 
烏帽子岳にある「美しき天然の碑」
 
         
 
八幡町の田中の住居跡の記念碑
 
東山海軍墓地にある田中の墓
 
 
八幡町の田中の住居跡の記念碑
 
東山海軍墓地にある田中の墓
 
         
 
 
     
 
より詳しい作曲等の経過を知りたい方は、こちらのサイトもご覧下さい。
 
     
 
「池田小百合なっとく童謡・唱歌」
 
     
 
 

 この曲の題名は本来「美しき天然」と書いて「うるわしき天然」と読まれていたと考えている方がいらっしゃるようですが、それは正しくないとみるべきです。

 池田さんの調査により、@歌詞の中に「うつくしき この天然の」という部分がある「美しき天然」という詩が先に存在していたこと、A前記@で指摘した部分をそのままにして1905年10月10日に「美しき天然」の楽譜が発行されたことが確認されています。

 したがって、わざわざ歌詞と違う読みをする題名の読み方をしたとは考えにくいこと、そもそも「美しき」を「うるわしき」と読ませるのは無理があると思われることから、この曲は、最初から「うつくしき天然」と呼ばれていたものと考えられます。

 ちなみに、「美はしき天然」と書いて「うるはしき天然」と読ませるレコードは複数存在していますし、「麗しき天然」と題したレコードも存しています(国立国会図書館「歴史的音源」)。

 
     
   雑誌「音楽」8巻6号(樂友社、1905年10月10日発行)に発表された譜面については、池田さんの上記サイトよりご確認下さい。